スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAS PROの取り扱い開始

a_79081ff.jpg


Jpアーチェリーは休まず営業中ですが、8月前半の韓国などのアジアメーカーのお休みに続き、今週初めまでの国内代理店とアメリカメーカーの休み、そして、今週の後半から、ヨーロッパメーカー・代理店の休みです。

届いているスケジュールでは22日で取引先全メーカーの夏休みが終了します(一番終わるの遅いのはイタリアのスピギャ…650送ってくれる前に休みに入った…涙)。取り寄せ等の納期は8月以降は取引先が夏休み入るので1週間程度は遅延する場合がありますと言ってきましたが、23日以降は通常どおりに戻ります。

本日より、正式にGAS PROのベインの取り扱いを開始します。国内のトップシューターの方も使用しているという情報がインハイブースチームから届きました。テストの結果も高ポンド、もしくは、重い矢では良好でした。2インチという長めで、かつ、その分背が低い設計の為か、高回転ベインにありがちなクリアランスの問題は報告されていません(起こらないとは言い切れないので…ご理解下さい)。

世界的に人気の為、いくつかの色(というか一番売れる白)は在庫切れになってしまいましたので、入荷できなかったサイズもあります。メーカーに補充され次第仕入れます。

サイズは、ソフト/ミディアム/ハードの3種類、また、コンパウンド用のミディアムとハードにはシールドタイプと対称型のパラボリックタイプの2種類あります。メンテナンスと価格では、VanetecのV-max(100枚/1,480円)に敵いませんが、気にいっていただけるかはともかく、矢飛びは全く違ったものになります(たぶん音も)。

硬い分ちょっとだけ重めで、ROMのスピンが0.7grに対して、ソフトで0.8gr、ミディアムで1.0gr、ハードで1.2grです。

でも、まぁ3枚でも最大1.5grしか重くならないので、FOCの変化はないと思います。お試しください~。

コメントの投稿

非公開コメント

試してみたい、、、

 すごく使ってみたいですね~!レンジオマチックしか使った事はないですが、試してみたいです。

Re: 試してみたい、、、

営業っぽくなりますが、今まで色々と新しいフィルムベインが出てきましたが、ROMエリートやSitar&SitarのXS-Wingsはクリアに問題があり、カーリーはペイントが禿げてくるという事がありましたが、同様の問題はまだGas proでは報告されていません。期待しています。

*SitarのXS-Wingは確かコンパウンドでテストするために50mmが輸入されたと記憶していますが、リカーブ用の30mmであれば、問題ないかもしれません。

オリンピックでメダリスト23/24がROMの羽という実績がありますが、他のメーカーにも頑張ってほしいところです。



>  すごく使ってみたいですね~!レンジオマチックしか使った事はないですが、試してみたいです。

No title

このベイン使ってみたいのですが、パラボリックとシールドタイプって何が違うんですか?種類もハード・ミディアム・ソフトってどういう使い分けですか?

No title

>ROMエリートやSitar&SitarのXS-Wingsはクリアに問題があり

>背が低い設計の為か、高回転ベインにありがちなクリアランスの問題は報告されていません(

ROMエリートはオリジナルより背が低いのですが、なぜクリアに問題があるのでしょうか?背が低い設計でクリアランスに問題が出ないなら、エリートでも問題が出にくくなるのでは?

Re: No title

リカーブ用がソフトです。特に40ポンド以下の場合には間違いなくこれをお勧めします。40前半まではソフト、45-55ポンド台がミディアム、60ポンドがハードです。あくまでもメーカーの推薦値なので参考程度に。

パラボリックとシールドの違いですが、一般的なスタンダードなデザインがシールドです。さらに風の影響を受けにくくデザインされたのが、パラボリックです。

・メーカーの商品説明ページ
http://gasprovanes.com/pagina_profiles.html

> このベイン使ってみたいのですが、パラボリックとシールドタイプって何が違うんですか?種類もハード・ミディアム・ソフトってどういう使い分けですか?

Re: No title

>背が低い設計でクリアランスに問題が出ないなら、エリートでも問題が出にくくなるのでは?

ROMのエリートでクリアに問題があるのはあくまでも"傾向"としてお客様で多かったというだけであって、全てのお客様でクリアしないということではありません。当然、問題なくご使用いただけている方も多いです。あくまでも経験則上の話であり、ご指摘の通り、理屈として「エリートはクリアしない」が「Gasproはクリアする」という確固たる理由・理論はありません。

本文の()で書きましたが、Gasproのベインも傾向としてクリアに問題がない、報告されていないというだけで、クリアランスを保証するものではありません。今後、販売量が増えれば、同様のトラブルが報告される可能性はあります。誤解を与えてしまったのであれば、申し訳ございませんでした。



> >ROMエリートやSitar&SitarのXS-Wingsはクリアに問題があり
> >背が低い設計の為か、高回転ベインにありがちなクリアランスの問題は報告されていません(
>
> ROMエリートはオリジナルより背が低いのですが、なぜクリアに問題があるのでしょうか?背が低い設計でクリアランスに問題が出ないなら、エリートでも問題が出にくくなるのでは?

No title

あちぇ屋さんのネットショップのほうでは在庫がないようですが店頭のほうでも同様に在庫はないのでしょうか?
店頭のほうに向かえばあるようでしたら店頭まで出向いて買ってでも使ってみたいものでw

Re: No title

在庫とは、Gas proのリカーブ用のソフトタイプでしょうか。こちらは、黄とピンクだけ在庫が残っています。次の入荷は9月を予定しています。

店頭在庫は大宮店にありますが、こちらも黄色とピンクだけです。仕入れ量の見込みが甘く、申し訳ございません…。



> あちぇ屋さんのネットショップのほうでは在庫がないようですが店頭のほうでも同様に在庫はないのでしょうか?
> 店頭のほうに向かえばあるようでしたら店頭まで出向いて買ってでも使ってみたいものでw

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。