FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JPアーチェリー韓国研修1日目

P1020727.jpg

P1020756.jpg


(大宮店店長からの研修レポートです。)


今晩は~大宮店の村田です。

この度はご迷惑おかけしており申し訳ございません。
只今、韓国のKim Archery Training Centerに昨日から研修に来ています。
本日の天気は雪です。
とっても寒いです。


昨日は主に70Mの点取りをして傾向チェック。
うち方の癖やどんなグルーピングかデーター取りをしました。
本数はそんなに射たず終わりました。

研修2日目はキム先生が雪かきして下さり練習開始です。
昨日のデーターを参考に本日はカメラの前で70Mを射ち
フォームの徹底分析です。
1つ1つの動作を細かく分析しアドバイスをいただきました。
重心の位置からリリースの抜け方まで分析。

私は顔が上に上がり弦は鼻につかず最悪な状態でずっと悩んでます。
キム先生からビギナーズボウで徹底的に教えていただき体に覚えさせてます。

明日から自分の弓で練習です。

キム先生の教えはアーチェリーはバランススポーツだということ。
どんなスポーツも基本が必ずあるということ。
基本が出来れば点数を安定して伸ばすことができるとおっしゃってます。

こんな質問がでました。

野球でも右を見ながらボールを投げますか?
走る時も左を見ながら走りますか?

共通は前をみて動作をしますね。
アーチェリーも同じできちんと前を見て動作をすること。

韓国では15年前までは、ほとんどの選手がセンターアンカーだったそうです。
ですがここ最近はサイドアンカーが主流になってきているそうです。
理由は伸びやすくなり、しっかり矢スジが通るのでゆるみが無くなりバラつきが軽減できるそうです。

また、講習が始まってから言われ続けていること…
アーチェリーでもっとも重要なのは鼻に弦をつけること!
もっとも重要だとおっしゃってます。


続く…

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。