スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nimes一日目

Nimesでの1日目が終了しました。書くことはたくさんありますが、ホテルのwifiが部屋まで来ていなくて…ロビーで更新していますので、今日は手短に。。

DSC00179.jpg


まずは、噂のFivicsのF1ハンドルとF1リム。ブースに実射できる場所があり、射ってみて驚くほど静かでしたが、あくまでもまだプロトタイプなので評価できる段階ではありません。しかし、一般的なHOYTのリムと並べただけでわかるほどリカーブに違いがありますので、ありきたりのリムでないことは確かです。

プロトタイプのハンドルは1,350g程度。ここから100g程度落としていくようです。発売は4月の予定。

DSC00187.jpg
DSC00186.jpg


Fivicsの新商品のSaker3タブ。韓国のトップ選手に多いキャバリアの愛好者からの要望でしょうか。プレートの形はキャバリアのエリートタブタイプで、カンタピンチも新しく開発されたものになっています。この新しいカンタピンチは既存のSakerタブにも使用できます。

DSC00200.jpg
DSC00201.jpg
DSC00202.jpg

次は、UUKHAのブース。1年以上話をしてきましたが、実際に会うのは初めてです。こちらは、UX100をFormulaに装着するためのアダプター。話をしているときに、たまたまHOYT(FUSE)のスタッフが寄ってきて、「賢いね」と言って去って行きました。3月に入荷予定です。

DSC00203.jpg

こちらは現在開発中のUUKHAのカーボンハンドル。ただ、UX100フルカーボンリムの売れ行きが好調すぎるため、工場に一台しかない高価なプレス機がフル稼働で、開発しても製造するためのプレス機のスケジュールが空かないため、発売を遅らせて、じっくり作っていくそうです。発売は秋ごろ。

DSC00209.jpg


お隣がUUKHA(Xコンポジット)社長のPatricさん。


DSC00213.jpg
DSC00214.jpg
DSC00215.jpg


最後に、SAMICK社。2011年の新商品はMastersハンドルの復刻版のMasters Maxハンドル。デザインはほぼ同じ。社員に聞いてみたところ、違いは、軽量化のためにハンドル上下の穴を少し広くしたくらいとのこと。

ただ、大きな違いがあり、素材にはカーボンでもアルミでもない、「スカンジウム」という素材だそうです。もちろん、このレアメタルを純度100%で使用しているわけではなく、アルミとの合金のようですが、スカンジウム合金の価格がかなり高いようで、ハンドルの価格も以前のMastersよりは、2万円程度高くなってしまいそうです。


スカンジウム合金は自転車の世界ではすでに実績があるようで、下は自転車のフレームについての解説サイトですが、説明文はそのままアーチェリーのハンドルに当てはまりますね。



「カーボン素材がスポーツバイクの主流となる中、アルミをはじめ金属素材のフレームは減少の一途だが…中略…
今や金属フレームというと廉価グレードというイメージもあるが、エディメルクスはカーボンに対するもう1つの付加価値としてアルミおよびスカンジウムをラインナップしている。同社のアルミ系の高級モデルといえば、高剛性と軽量化が両立するスカンジウム合金のチューブが使用され、パリ~ルーベなど数々のメジャーレースを制し、その高性能を証明してきた。」
http://www.cyclowired.jp/?q=node/28026 より




基本設計を一切変えずに、マテリアルで勝負する作戦です。発売はSAMICKの社員いわく3月だと言っていましたが、隣にいた代理店の社長は5月だとか。。延期されないことを祈ります。また、写真はプロトタイプなので、量産品とは若干違います。


SAMICKと2010年の初めに話をした時には、カーボンハンドルの開発をしていると話していましたが、プロトタイプでアルミ合金製のハンドルと比較して、やはり、アルミのほうに優位性があるという結論になったようで、カーボンハンドルの開発は止まっているそうです。

続きは明日…

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

UproLite

フランス語のサイトでは販売開始したのでしょうか…
http://www.uukha.com/fr/Upro-fr.php
販売価格は81,000円程でしょうか
UproとLiteの違いは?
発注は可能ですか?

Re: UproLite

販売は7月に開始していますが、まだ、テスト用サンプルが取れていません。いろいろと話していますが、得意なカーボン商品の品質はよいのですが、グリップ(木材加工)のレベルはHOYTなどにはまったく及びません。

もう少し様子を見ることをお勧めしますが、ご希望でしたら、1本取ります。

> UproとLiteの違いは?

普通に作るとライト(1000g程度)になりますが、リカーブ用には少し重いハンドルが必要なので、1300g台のハンドルが出るということですが、こちらはまだできたとは聞いていません。

価格は、7万円台前半になると思います。



> フランス語のサイトでは販売開始したのでしょうか…
> http://www.uukha.com/fr/Upro-fr.php
> 販売価格は81,000円程でしょうか
> UproとLiteの違いは?
> 発注は可能ですか?

No title

なるほど、ありがとうございます。
Uproが出来たら検討してみます。

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。