スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの世界記録と新興メーカー

横でスタッフの方が発送作業をしていますが、自分はすこしだけブログの記事をアップして、ちょっと寝ます…

P1030149.jpg



Ulsan(ウルサン、プサンからタクシーで1時間くらい)の45thアーチェリー世界選手権大会に行ってきました。

左から、山口と海外担当のSさん、社員のTさん、会計・事務担当のYさんの4人組。

目的は新興のアーチェリーメーカーとの商談だったのですが、目の前で韓国のOH Jin Hyek選手が世界新記録の90mの世界新記録342点とシングルの世界記録を7点塗り替えての1386点(342-345-341-358)を、SAMICK系のMK KOREAのVERAリムでマークしました。

MK KOREA - 2007年設立の新しいリムメーカー。元SAMICKの方が社長。HPはまだなし。

1386点という驚異的な点数はもちろんOH選手の素晴らしい才能と努力によるものなのでしょうが、新興の小さなリムメーカーのMK KOREAが少なくとも大手メーカー並みの技術を持っている事は確認できたのではないでしょうか。

VERAリムは現在は量産体制に入っているとの事です。大量生産モデルの品質に期待ですね。引いた感じはSAMICKのマスターズリムに似ています。

P1030126.jpg


ウッドコアのリムです。構造もマスターズっぽい。

P1030124.jpg


引いてみた。

MK KOREAはHPを持っていないので、カタログを後日アップします。あちぇ屋で扱うかはまだわかりませんが、リムのさらなる進化に期待しましょう。

KAYA ARCHERYさんとも話をしてきましたが、2011年の販売開始を目指して、まだいろいろといじっているようです。すべてが開発途中だったので(現在ウッドボウを販売しています)具体的な話はできませんでした。

最後に、SAMICKとタオルとFIVICSのキャップと大会の記念シャツをプレゼント用に持ってきました。希望者が多い場合は抽選となってしまいますが、詳細は後日アップします。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。