FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ありがとうございました】不明なコンパウンドボウ

P9300089 - コピー


P9300045 - コピー


今回、世界選手権で全選手の使用モデルを調査してきました。

そのうちで、私の知識不足により、2名のみ使用しているコンパウンドボウのモデルがわかりませんでした。

どなたかわかる方がおりましたら、コメントでもメールでも連絡いただければ幸いです。


ありがとうございました。

お客様の情報提供により、

上が barnsdaleのCLASSIC X

http://www.barnsdalearchery.com/pulsepro/data/img/uploads/classicXmodel.jpg

下の弓はMartin Onza XT M38(2013)

http://www.martinarchery.com/2013/images/bowpics/onza_small_reg.png

と判断しました。

上の弓のメーカー(Barnsdale)は初めて知ったメーカーです。まだまだ知らないことたくさんですね…今後ともよろしくお願いします。

これによって、コンパウンド女子の使用弓具のまとめを出せます!

ちなみに、

HOYT 72
Mathews 3
PSE 1
Martin 1
Barnsdale 1

となりました。コンパウンド女子においてHOYTの圧倒的なシェアとなりました。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

二枚目はRyteraのAlien Nemesisという弓です

こんばんは、間違っているかも知れませんが黒い弓はマーチンの新製品では無いでしょうか?10年ほど前にケーブルが左右対称の4本でストリングがセンターを通る理論上最高の弓でクガーとかシャドーキャットとか何種類か有りましたがあまり流通しませんでした。特許はマーチン社が持っていて国内販売にも制限が有った記憶が有ります。

No title

下の白いほうはウィンドウ上部の処理やテックがあること
細い部材っぽい影を考えるとマーティンじゃないですか?
最新ラインナップではなく数年前とか?

No title

他の方がおっしゃってるように、上はマーティン、下もマーティンの旧ライテラ Alian Nemesisだと思います。

http://www.martinarchery.com/2009web/scepter.php
微妙な違いがあるのでこれより古いモデルかと思いますが、リムのロゴの感じから別メーカーの様な気もします。

いずれにしろシュートスルーケーブルの弓は手間がかかりすぎて・・・という感じのようですね。ケーブルがあれだけあれば当然ですが。

No title

他の画像を拡大したらリムのロゴはBarnsdaleでした。
http://www.stringworks.net/Barnsdale.htm#CLASSIC%20X
このあたりですね。

Re: No title

たくさんのコメントありがとうございました。

上の弓はbarnsdaleのCLASSIC Xという弓で間違いないと思います。決め手はロゴ、このメーカーの中でも、このモデルであるのはダンパーの形状で判断しました。

http://www.barnsdalearchery.com/pulsepro/data/img/uploads/classicXmodel.jpg

下の弓はMartin(Rytera)であるのは間違いないです。その中でもケーブルガイドの形状からRyteraではないでしょう。残るは、MartinのOnzaで、同一形状のものにXT M20(2012)とXT M38(2013)がございますが、バックストップの形状から2013モデルと判断しました。

http://www.martinarchery.com/2013/images/bowpics/onza_small_reg.png


たくさんの情報提供ありがとうございました。

No title

記事に関係のないことで申し訳ありません。
スタビライザーについてですが、以前の記事にCEX7がACEやバイターロッドの様に振動吸収性に重きを置いたロッドを使っている人にもおすすめとありましたが、セッティング等細かい話を抜きして、振動吸収性という観点だけで考えればHMC+やHMC22よりも優れたロッドということになるのでしょうか。

Re: No title

新しいブログで返信しております。ご確認ください。

> 記事に関係のないことで申し訳ありません。
> スタビライザーについてですが、以前の記事にCEX7がACEやバイターロッドの様に振動吸収性に重きを置いたロッドを使っている人にもおすすめとありましたが、セッティング等細かい話を抜きして、振動吸収性という観点だけで考えればHMC+やHMC22よりも優れたロッドということになるのでしょうか。

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。