FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型ベインの畳貫通テストの結果について

DSC01427.jpg


新しく入荷したアリゾナのWAVは軽量のゴムベインとして、間違いなく一定の地位を得ると思います。WAVベインは耐久性があり、タフなベインであることは間違いないのですが、いくら新素材を使用したといっても、重く分厚いゴムベインと比べると、重さも・薄さも半分以下なので、耐久性はやはり少し劣ると思います。

耐久性があり、分厚いFFPやV-MAXは畳を貫通しても、原型をとどめているので貼りかえる必要がありません。WAVベインも同等の耐久性があるのかというテストですので、畳を貫通するともうだめになってしまうKスピンや、変形してしまうが、逆に曲げてあげれば使えなくはないフィルムベインとは比較しませんでした。

今回はX10に「FFP 175」と「V-MAX1.75」と「WAV」を貼り、42ポンドのリカーブボウで射って、弓から1m地点にある畳を貫通させ、耐久性のテストをしました。

DSC01429.jpg

DSC01430.jpg


畳が新しくとそもそも貫通しないので、畳はこんな状態のものを使用しました。

IMG_20130821_141114.jpg


一点、矢を作るときの注意点として、WAVベインは貼り付け面の幅が狭いです。ベインテックの羽が1.8mmあるのに対して、1.4mmしかありません。接着時には他のベインよりも、脱脂など正しく作業を行う必要がありますのでご注意ください。もちろん、きちんと貼れば取れたりすることはないです(畳を貫通させても取れてはいないので)。

DSC01436.jpg


結果ですが、まずロゴのペイントの強度は低いです。ベインテック(V-MAX)のものと比較すると一目瞭然です。ちなみにベインテックのロゴが薄いのは最初からです。

DSC01435.jpg


写真左の羽はベインテックのV-MAX、右の羽はFFPの175です。どちらも原型のままであることが確認できるかと思います。貼りかえの必要はありません。

DSC01434.jpg


対して、アリゾナのWAVですが、元々のカーブを維持できず、ヨレヨレになってしまっているのが確認できるかと思います。これでは本来の性能を発揮できないので、貼り換えずに使用することは全くお勧めできません。

もちろん、通常に使用している限りで、羽にこれだけのストレスがかかることはまずないので、この結果をもってWAVがタフではないということにはなりませんが、やはり、重さ・厚みが倍もあるゴムベインに比べると耐久性の面では劣るということが確認できるかと思います。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

身も蓋もない実験をありがとうございました

何となくスピンウィングが好きになれないので、次にハイグレードな矢を買ったらWAVを貼ってみます。

ところで、私が使っているアリゾナの簡易フレッチャーは1度の固定オフセットになっていて、これを用いてFFP175をBemanCarbonFlashに貼り付けた矢を常用しています。これに対して、写真では羽が3枚ともオフセットなしの0度で貼ってあるように見えます。カーボンシャフトにスピンウィングではないハネを取り付ける時はオフセットなしの方がいいのでしょうか。前から見た面積が小さくなる分だけ正面抵抗が減ると思いますが、事実上影響が無い気もしますし、理論的にどうなのかご教示いただければ幸いです。

Re: 身も蓋もない実験をありがとうございました

>身も蓋もない実験を

意味が分からなかったので、辞書で調べましたが…「あまりにも率直すぎて、含みや味わいがないこと。」という意味だそうですね。確かに、ただの耐久実験ですので、含みも味わいもないですね。。。。すみません。

>理論的にどうなのかご教示いただければ幸いです。

オフセットはストレートから3度くらいまでが現実的だと思いますが、ストレートでもある程度の回転力(修正力)は発生します。矢にどの程度の修正力が必要かは、まずは、スパインの適合性の問題です。

矢のスパイン・チューニングが完全に合ってる(ベアシャフトでもまっすぐ飛んでいく)状態であれば、ストレートでも良いと思いますが、ベアシャフト状態での矢飛びがきれいでないほど修正力は必要ですので、まずは1度で貼ってみるのは良いと思います。

自分はいろいろと試した結果ストレートで貼っていました。

ただ、この実験でストレートだったのはたまたまで、何かの意図があったわけではありません。


> 何となくスピンウィングが好きになれないので、次にハイグレードな矢を買ったらWAVを貼ってみます。
>
> ところで、私が使っているアリゾナの簡易フレッチャーは1度の固定オフセットになっていて、これを用いてFFP175をBemanCarbonFlashに貼り付けた矢を常用しています。これに対して、写真では羽が3枚ともオフセットなしの0度で貼ってあるように見えます。カーボンシャフトにスピンウィングではないハネを取り付ける時はオフセットなしの方がいいのでしょうか。前から見た面積が小さくなる分だけ正面抵抗が減ると思いますが、事実上影響が無い気もしますし、理論的にどうなのかご教示いただければ幸いです。

Re: 身も蓋もない実験をありがとうございました

丁寧なご回答をありがとうございました。今度スパインで迷いが生じたら取付角をいじってみます。

タイトルは「単純明快で疑問を差し挟む余地の無い」という程度の意味で使ったのですが、かえって違和感を持たれたようで恐縮です。

>含みも味わいもない
それどころか、大変おいしくいただきました。次のテストが楽しみです。

Re: Re: 身も蓋もない実験をありがとうございました

いえいえ、こちらこそ使わない言葉だったので辞書で調べて、そのまま解釈してしまいました。

これからもよろしくお願いします。

> 丁寧なご回答をありがとうございました。今度スパインで迷いが生じたら取付角をいじってみます。
>
> タイトルは「単純明快で疑問を差し挟む余地の無い」という程度の意味で使ったのですが、かえって違和感を持たれたようで恐縮です。
>
> >含みも味わいもない
> それどころか、大変おいしくいただきました。次のテストが楽しみです。

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。