FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【都市伝説】 HOYTの新しい2014年モデルの最新リムが公開テスト中


WC_3_BE.jpg


この記事は都市伝説です。信じるか信じないかはあなた次第!!

上の写真は最新のブレディ・エリソンの写真です。7月21日(日)に撮影されました。

なにか気が付きませんか??



そうです。世界のトップアーチャーであるブレディ・エリソン選手ともあろう方が、リムにホイットの上位モデルのF7リムではなく、中位のCarbon 720リムを使っています。実売で3万円のリムです。リムのロゴ表示がCarbon 720であるのは間違いありません。

これを見てどう感じますか?

道具屋としての見方は2つです。

その一は、本当にF7リムが嫌になって、仕方なく中級クラスのCarbon 720リムを使っている。そう思われる方はこれより下は読む必要はありません。


その二。F7リムは両サイドが塗装されていないリムです。サイドからラミネート構造を確認できます。これでは新しいリムをテストできません。リムのサイドを見られたら一発で新しいリムをテストしていることが、ばれてしまいます。

ホイットは大っぴらに新しいリムの公開テストはできません。しかし、だからと言って既存の競技用モデルであるF7リムの塗装もできなかった。そのために、ホイットは新しいリムをごまかすためのカモフラージュのリムの塗装を、違和感が生まれないF7リムではなく、Carbon 720リムを採用するしかなかった…そのために、アメリカのツートップのトップアーチャーがそろって(後述)、(見た目では)中級のリムを使用するという事態が発生していると…妄想したりね。

IMG_20130723_155555.jpg

wc_3_3.jpg


写真の上は実際のCarbon 720リムのサイドの写真、写真の下がエリソン選手が使用しているCarbon 720リムです。どうでしょうか。同じだと思いますか?

wc_3_2.jpg

wc_3_1.jpg


ちなみに、同じワールドカップに出場しているアメリカナショナルチームで、団体を組んだジェーク・カミンスキー選手も、予選ではCarbon720リム(写真上)を使用しています。ただし、決勝では間違いなく正規品のF7リムを使用しています。

写真の上が7月16日のワールドカップ・ステージ3の予選での弓、写真下が5日後のワールドカップ・ステージ3の決勝での弓です。

これが自分のホイット2014年に対する予想です。正式な答え合わせは10月の中旬になります。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リムの話で思い出したんですが、MKもフォーミュラ用のリムを作っていて、以前コメント欄に取り寄せで販売…とのことでしたが、表立ってないところを見るとあまり評価はよろしくないのでしょうか?

実績あるMKのリムで、メキシコの選手が使用して一度優勝しているのを雑アで見まして、性能的には問題ないと思いますし、実際のところフォーミュラとVERAの組み合わせはすごく魅力的だとも思うのですが…

No title

入荷待ちが続いていますが WIN&WIN HMC PLUS センター 黒28インチ の入荷予定はいつ頃になりますか?


HOYT F7リムの XSサイズについての現状 2013-07-14(18:00)付けの記事で

> 単純にX10とACEわ比べた時に最大の違いは耐久力です。よく練習する人であれば、ACEは1年持つか、持たないかです。対して、X10はその倍は持ちます。

との記述がありましたが「よく練習する人の1年」とは射数でいうとどの程度の本数を指すのでしょうか?
数を打てばカーボンシャフトも摩耗しスパインにもバラツキを生じさせていくとは想像できるのですが・・・
毎回同じ矢がグルーピングから外れるのならばその矢は除外していくとして通常の行射においてどの程度の射数をそのシャフトの寿命の目安にしたらよいのでしょうか?

No title

【都市伝説】 HOYTの新しい2014年モデルの最新リムが公開テスト中・・・信じるか信じないかはあなた次第!!
まるで週刊誌の見出し記事みたいですね。
販売店としては予測したり、他店より早く情報を提供したいのでしょうが、時期が来ればはっきり内容が判る訳だから、公表されるまで憶測で騒ぎ立てないでほしいと思います。

Re: No title

>以前コメント欄に取り寄せで販売…とのことでしたが、
>表立ってないところを見るとあまり評価はよろしくないのでしょうか?

取り寄せで販売している商品はみんな表立ってはいないです。現在、すぐに納品できる在庫品としては、フォーミュラータイプの66-40・66-42・68-40の3ペアがございます。

> 実績あるMKのリムで、メキシコの選手が使用して一度優勝しているのを雑アで見まして、
>性能的には問題ないと思いますし、実際のところフォーミュラとVERAの組み合わせはすごく
>魅力的だとも思うのですが…

性能的には、既存のMK1440を長く作っただけなので、通常のMKリムと同じ評価を与えて良いと思います。販売側の実感としては、F7リムが発表されるまでは結構売れていました。F4は重めのゆったりしたリムで、フォーミュラーで軽いリムを使いたい選手はMK1440などのフォーミュラータイプを購入し海外の選択肢がないという時期があり、その時には結構うれていました。弊社で4ペア販売しています。

GMXにINNO EX POWERのように、アメリカのクラシックな設計のハンドルに、韓国の軽いリムを付けたいというニーズは常に一定数あります。

ただ、F7というHOYTの商品の中では、比較的に軽いリムが出たことで、フォーミュラーに軽いリムという選択肢が生まれたことで、販売量は若干落ちた感があります。現在、F7リムの値段が円安で結構高くなっているので、Carbon 720リムとF7リムの中間の価格で入手できる高性能なリムとして、再度売れていければと思いますが、最新の記事の通り、現在、2014年の発表が近づいてきていますので、大きく仕入れたりして、販売店として積極的に動ける時期ではないです。



> リムの話で思い出したんですが、MKもフォーミュラ用のリムを作っていて、以前コメント欄に取り寄せで販売…とのことでしたが、表立ってないところを見るとあまり評価はよろしくないのでしょうか?
>
> 実績あるMKのリムで、メキシコの選手が使用して一度優勝しているのを雑アで見まして、性能的には問題ないと思いますし、実際のところフォーミュラとVERAの組み合わせはすごく魅力的だとも思うのですが…

Re: No title

> 入荷待ちが続いていますが WIN&WIN HMC PLUS センター 黒28インチ の入荷予定はいつ頃になります
>か?

先週売り切れたばかりなので、最新の状況はまだわかりませんが、1週間以上はかかると思います。予想では2週間ですが、夏休みに被ってしまうので、3-4週間かかるかもしれません。時期的にも、社内的に来週からのお客への納期案内分からは、通常納期に(メーカー・代理店・税関・運送会社が休みシフトになって遅れる分を考慮して)1週間を加えた納期で案内するよう指示する時期です。

> との記述がありましたが「よく練習する人の1年」とは射数でいうとどの程度の本数を指すのでしょうか?
> 数を打てばカーボンシャフトも摩耗しスパインにもバラツキを生じさせていくとは想像できるのですが・・・

X10やACEシャフトを長期間にわたって相当する行射した時に、問題になってくるのは摩耗ではありません。シャフトに細かいヒビが入っていきます。これは、ピンやアウトサートノックで保護していたとしても、たくさん射つことで、グルーピングの中でシャフト同士が接触するうちに、自然に発生してしまうものです。

> との記述がありましたが「よく練習する人の1年」とは射数でいうとどの程度の本数を指すのでしょうか?

具体的にいえるものではないです。よく練習する人というのは、練習量だけではなく、技術的な意味もあります。ストレートに言ってしまえば、グルーピングの中でシャフトが接触することによって発生する劣化ですので、へたくそな人間がずっと90mばかり練習していて、的の黒以内に矢がいつもばらけている状況であれば、2年でも、3年でも、5万本でもこの劣化は発生しないと考えられます。

逆に環境的に30mまでしか練習できる射場がない環境で、技術的にいつも、黄色の中にグルーピングさせられるのであれば、1年以内、2-3万射程度でしょうか。

この問題が「寿命」と呼ばれるのはこのためです。摩耗から発生する問題だけであれば、プランジャーチップを極端に柔らかいものに交換したりすることで、回避できるので、摩耗は寿命(避けられないもの)とはいえません。

この問題が「寿命」なのは、防ぐためには、「矢をグルーピングをさせない」ことが大事なのですが、それでは高い矢を買っている意味がなくなってしまいます。スーパースローを見ていただければ、わかると思いますが、矢が的に刺さった時にはノックエンドが10cmほど振動をします。その範囲内に他の矢がなければ問題ないのですが…そもそも、グルーピングさせるのがアーチェリーという競技なので、グルーピングさせることで矢の寿命が短くなるとわかっていても、それはやめられません。だから寿命と呼ばれています。

> 毎回同じ矢がグルーピングから外れるのならばその矢は除外していくとして通常の行射においてどの程度の射数をそのシャフトの寿命の目安にしたらよいのでしょうか?

これまで書いたとおり、シャフトの寿命はいかに「グルーピングさせないか」で決まります。ですので、毎回グルーピングから外れる矢の方が寿命は長いのです。むしろ、優秀な矢から「死んで」行くのです。

お客様の提案するやり方は、シャフトをいかに長く使うかという観点では正しい方法だと思います。ただ、シャフトを買い替えるタイミングにおいて、いろいろな考え方があります。

例えば、シャフトのトラブルは外部に見えるものだけでありません。内部でクラックが発生している可能性もあります。シャフトに主立ったトラブルがなくても、定期的に買い替えをするという選手もおります。

たった一度しかない試合で絶対に結果を出すために、シャフト1ダースを新調するお金は保険みたいなものだという考え方でしょう。その場合は、このようなやり方はしないと思います。

シャフトをどのタイミングで買い替えるかに正解はないです。技術論だけではなく、お客様の懐具合との相談もあるでしょう。明らかにクラックがあれば安全面から買い替えるべきですが、頻繁に買い換えてほしいかというわけではありませんが、トップを目指すのであれば、シャフトを寿命ギリギリまで使い切るやり方が正しいも言えません。




> 入荷待ちが続いていますが WIN&WIN HMC PLUS センター 黒28インチ の入荷予定はいつ頃になりますか?
>
>
> HOYT F7リムの XSサイズについての現状 2013-07-14(18:00)付けの記事で
>
> > 単純にX10とACEわ比べた時に最大の違いは耐久力です。よく練習する人であれば、ACEは1年持つか、持たないかです。対して、X10はその倍は持ちます。
>
> との記述がありましたが「よく練習する人の1年」とは射数でいうとどの程度の本数を指すのでしょうか?
> 数を打てばカーボンシャフトも摩耗しスパインにもバラツキを生じさせていくとは想像できるのですが・・・
> 毎回同じ矢がグルーピングから外れるのならばその矢は除外していくとして通常の行射においてどの程度の射数をそのシャフトの寿命の目安にしたらよいのでしょうか?

Re: No title

> まるで週刊誌の見出し記事みたいですね。

はい、そうですね:)

>他店より早く情報を提供したいのでしょうが、
>時期が来ればはっきり内容が判る訳だから、公表されるまで憶測で騒ぎ立てないでほしいと思います。

この記事を情報の提供とは考えていません。都市伝説を書くことを情報の提供とは考えていません。あくまでもネタです。

ガジェット系の商品では、当たり前のような盛り上がり方だと思います。メーカーの正式発表まで、専門誌やプログが次期iPhoneや、次期OSの予想記事、妄想記事を読みながら発売を待つのは、ネットでの楽しみの一つです。

企業側もユーザーが発売の公式発表まで、盛り上がってくれるのは歓迎でしょう。問題になったという話は聞いたことがないです(試作機を盗んで問題になったことはありますが)。

「噂されるよりもっといやなことが ひとつだけある。 噂もされないことだ」

という言葉があるくらいですから。最近だと、昨日正式発表されましたが、Nexus 7の発表までのリークや予想記事はだいぶ楽しませていただきました。年内に新しいiPadの発表がなければ買う予定です。

(予想記事)
Googleの7インチタブレット「Nexus 7」新型の写真が流出
ttp://gigazine.net/news/20130722-new-nexus-7-photo-leak/

次期Nexus 7の発売日は7月30日? 最新Android 4.3やワイヤレス充電対応、1.5GHzのクアッドコアプロセッサの搭載が明らかに!
ttp://www.gizmodo.jp/2013/07/nexus_7730android4315ghz.html

(公式発表-昨日の夜)
新しい Google Nexus 7
ttp://www.google.co.jp/nexus/7/

現在追っているのは、

ついにくる? 待ちに待ったHaswell搭載のiMacが8月に、MacBook Proが9月に登場との噂
ttp://www.gizmodo.jp/2013/07/haswellimac8macbook_pro9.html

【噂】次は7500万画素? キヤノンがプロ向けデジタル一眼レフをテスト中?
ttp://www.gizmodo.jp/2013/07/7500.html

などでしょうか。いずれも、楽しむためのネタだと思います。お客様はこういった記事が大の嫌いなのでしょうか…。

もちろん、販売店として、憶測で悪いことを言ってはいけないでしょう。「業界ではINNO CXTの破損は多いともっぱらの噂だ」などのような憶測・噂話は最低です。店舗というか、自分の信頼度にかかわる発言になります。そういう記事を読むと嫌な気持になります。


一方で、新しい商品のネタの予想記事は、個人的にも好きですし、ネタとしても個人的にも楽しんでいます。もちろん、しっかりとした裏付けのない文書以外は読みたくないという方もいらっしゃるでしょう。

その方向けには、事実まで書いて(アメリカの2大トップ選手がCarbon 720を世界大会で使用している)、そのあとは読む必要がないことを記しています。

個人的には、ここまでの配慮で十分だと感じます。お客様に記事が憶測であること、ここまでは事実であり、この先が「都市伝説」であることをしっかり明記し、切り分ける事、このような憶測が発生した理由を「業界通によれば」や「内部事情に詳しい関係者」などではなく、しっかりと明記すること。ここまで配慮して、されで記事を読まれた方には…さすがに自己責任で良いのではないでしょうか。書き手側の配慮としては、尽くしたつもりです。

もちろん、記事も署名記事とは言いませんが、個人ブログですので、それに相当するものでしょう。ここまで配慮して、不誠実な点があるとは考えません。

>公表されるまで憶測で騒ぎ立てないでほしいと思います。

正直、お客様のコメントの立場が分かりません。例えば、リムを上の記事のキャノンの一眼レフに変えて考えると、「次期の一眼レフ、すでにテスト中」とかかれて、騒ぎ立てないでくれよという感想を抱くのは、現行品の在庫を大量に抱えた販売店以外には…現行品を記事の不運にも直前に購入したユーザくらいしかないと思うのですが…。

【噂】次は7500万画素? キヤノンがプロ向けデジタル一眼レフをテスト中?
http://www.gizmodo.jp/2013/07/7500.html

もし、盛り上がるためのネタとして書いた記事で、実際にアーチャーで被害を受ける方がいるのであれば、これからは考えます。

これから登場する商品の憶測・妄想ネタで盛り上がることが嫌いなだけでしたら、それはもう嗜好の違いとしか言えないです。

その意味では、このブログも、私個人のブログで、JPアーチェリーとしての公式な情報を公表するサイトではありません。メーカーの公式発表にこだわりがあるようでしたら、今後、ホイットの発表だけではなく、弊社からの発表も公式の商業サイトから入手していただければ、噂の様なものを目にして、気分を害されることはないかと思います。

弊社の公式発表の窓口は下記の通りです。

http://archery-shop.jp/
http://archery.cart.fc2.com/
http://cpbow.cart.fc2.com/


> 【都市伝説】 HOYTの新しい2014年モデルの最新リムが公開テスト中・・・信じるか信じないかはあなた次第!!
> まるで週刊誌の見出し記事みたいですね。
> 販売店としては予測したり、他店より早く情報を提供したいのでしょうが、時期が来ればはっきり内容が判る訳だから、公表されるまで憶測で騒ぎ立てないでほしいと思います。

No title

個人的にはこういった新商品の予想ネタはワクワクするので今後もやって頂きたいです!
また記事は十分配慮も尽くしてあると感じるので問題ないと思います。

Re: No title

ありがとうございます。

ただ、しろがねの矢さんのコメントはとても興味深いものでした。

「次のiPhoneがどんなものか」「次世代モデルがベータテストに突入か」といった、これから登場する新商品を勝手に予想・噂して盛り上がるという事を、自分や自分のまわりの人間は当たり前のように楽しんでいますが、世の中にはメーカーが公式発表する前に、新商品の話題に触れることに嫌悪感を感じる人もいるとは全く思ってもいませんでした。

この記事では、うわさに過ぎないという点と、その噂の出どころは丁寧に説明しているつもりですが、これを読むことで読者が嫌悪感を感じるかもしれませんという説明はしていません。そういった事態は想定していませんでしたので、勉強になりました。

今度ネタ記事を書くときは、読みたくない人が間違って読まないよう、より一層配慮するつもりではあります。


> 個人的にはこういった新商品の予想ネタはワクワクするので今後もやって頂きたいです!
> また記事は十分配慮も尽くしてあると感じるので問題ないと思います。

Re: Re: No title

> > 入荷待ちが続いていますが WIN&WIN HMC PLUS センター 黒28インチ の入荷予定はいつ頃になります
> >か?

月曜日の入荷で10本手配が出来ました。予約分を除く7本を月曜日に在庫にあげる予定です。お待たせしました。


> > 入荷待ちが続いていますが WIN&WIN HMC PLUS センター 黒28インチ の入荷予定はいつ頃になります
> >か?
>
> 先週売り切れたばかりなので、最新の状況はまだわかりませんが、1週間以上はかかると思います。予想では2週間ですが、夏休みに被ってしまうので、3-4週間かかるかもしれません。時期的にも、社内的に来週からのお客への納期案内分からは、通常納期に(メーカー・代理店・税関・運送会社が休みシフトになって遅れる分を考慮して)1週間を加えた納期で案内するよう指示する時期です。
>
> > との記述がありましたが「よく練習する人の1年」とは射数でいうとどの程度の本数を指すのでしょうか?
> > 数を打てばカーボンシャフトも摩耗しスパインにもバラツキを生じさせていくとは想像できるのですが・・・
>
> X10やACEシャフトを長期間にわたって相当する行射した時に、問題になってくるのは摩耗ではありません。シャフトに細かいヒビが入っていきます。これは、ピンやアウトサートノックで保護していたとしても、たくさん射つことで、グルーピングの中でシャフト同士が接触するうちに、自然に発生してしまうものです。
>
> > との記述がありましたが「よく練習する人の1年」とは射数でいうとどの程度の本数を指すのでしょうか?
>
> 具体的にいえるものではないです。よく練習する人というのは、練習量だけではなく、技術的な意味もあります。ストレートに言ってしまえば、グルーピングの中でシャフトが接触することによって発生する劣化ですので、へたくそな人間がずっと90mばかり練習していて、的の黒以内に矢がいつもばらけている状況であれば、2年でも、3年でも、5万本でもこの劣化は発生しないと考えられます。
>
> 逆に環境的に30mまでしか練習できる射場がない環境で、技術的にいつも、黄色の中にグルーピングさせられるのであれば、1年以内、2-3万射程度でしょうか。
>
> この問題が「寿命」と呼ばれるのはこのためです。摩耗から発生する問題だけであれば、プランジャーチップを極端に柔らかいものに交換したりすることで、回避できるので、摩耗は寿命(避けられないもの)とはいえません。
>
> この問題が「寿命」なのは、防ぐためには、「矢をグルーピングをさせない」ことが大事なのですが、それでは高い矢を買っている意味がなくなってしまいます。スーパースローを見ていただければ、わかると思いますが、矢が的に刺さった時にはノックエンドが10cmほど振動をします。その範囲内に他の矢がなければ問題ないのですが…そもそも、グルーピングさせるのがアーチェリーという競技なので、グルーピングさせることで矢の寿命が短くなるとわかっていても、それはやめられません。だから寿命と呼ばれています。
>
> > 毎回同じ矢がグルーピングから外れるのならばその矢は除外していくとして通常の行射においてどの程度の射数をそのシャフトの寿命の目安にしたらよいのでしょうか?
>
> これまで書いたとおり、シャフトの寿命はいかに「グルーピングさせないか」で決まります。ですので、毎回グルーピングから外れる矢の方が寿命は長いのです。むしろ、優秀な矢から「死んで」行くのです。
>
> お客様の提案するやり方は、シャフトをいかに長く使うかという観点では正しい方法だと思います。ただ、シャフトを買い替えるタイミングにおいて、いろいろな考え方があります。
>
> 例えば、シャフトのトラブルは外部に見えるものだけでありません。内部でクラックが発生している可能性もあります。シャフトに主立ったトラブルがなくても、定期的に買い替えをするという選手もおります。
>
> たった一度しかない試合で絶対に結果を出すために、シャフト1ダースを新調するお金は保険みたいなものだという考え方でしょう。その場合は、このようなやり方はしないと思います。
>
> シャフトをどのタイミングで買い替えるかに正解はないです。技術論だけではなく、お客様の懐具合との相談もあるでしょう。明らかにクラックがあれば安全面から買い替えるべきですが、頻繁に買い換えてほしいかというわけではありませんが、トップを目指すのであれば、シャフトを寿命ギリギリまで使い切るやり方が正しいも言えません。
>
>
>
>
> > 入荷待ちが続いていますが WIN&WIN HMC PLUS センター 黒28インチ の入荷予定はいつ頃になりますか?
> >
> >
> > HOYT F7リムの XSサイズについての現状 2013-07-14(18:00)付けの記事で
> >
> > > 単純にX10とACEわ比べた時に最大の違いは耐久力です。よく練習する人であれば、ACEは1年持つか、持たないかです。対して、X10はその倍は持ちます。
> >
> > との記述がありましたが「よく練習する人の1年」とは射数でいうとどの程度の本数を指すのでしょうか?
> > 数を打てばカーボンシャフトも摩耗しスパインにもバラツキを生じさせていくとは想像できるのですが・・・
> > 毎回同じ矢がグルーピングから外れるのならばその矢は除外していくとして通常の行射においてどの程度の射数をそのシャフトの寿命の目安にしたらよいのでしょうか?

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。