FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CXがトルコでも大躍進の模様

da1_1488.jpg


現在、夏に登場予定のNano-Xtremeの事について、CX(カーボン・エキスプレス)の人と定期的にメールしていますが、ワールドカップの第二戦でも大活躍だったようで、現在コンパウンド店で販売しているNano-Proが、コンパウンドの男子個人の金メダルと銅メダルを、コンパウンドの団体でも金メダルを獲得したそうです。

使用している選手の数から考えると、かなりの快挙だと思います。

Nano-Xtremeについては現在テストシューターによる最終調整段階です。コンパウンド店では2年ほど前からNanoシリーズのシャフトを販売していますが、リカーブ向けのNanoシャフトを在庫販売するか、最終的な交渉段階です。

ただ、間違いなく、Nano-XtremeはX10よりも高いシャフトになります。選び抜かれたX10は本当に優れたシャフトです。Nano-Xtremeに興味を持っていただくためには、メーカーが主張している「はずれの少なさ」がどれほどのものか次第になるのかと思っています。本当にはずれが少なければ、トータルでは、X10よりも安くつくことになりますので。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Nanoとx10 低ポンド

Nanoについて、非常に興味が湧きました

36~38ポンド帯でx10を使用しているのですが、

38ほどから、ポンドを下げ続け、36中盤ほどまで下がってしまい、

ポンドを上げるか、ACEに戻すか、議論中だったのですが

36~38なら今回のNanoはオススメでしょうか?

Re: Nanoとx10 低ポンド

> 36~38なら今回のNanoはオススメでしょうか?

まず、このシャフトはまだ実際にテストしていないので、何とも言えませんが、X10と同等の精度を有しているのであれば、スペック的にはかなりおすすめできるシャフトになると思います。X10同様のバレル構造による安定性を享受しながら、より軽いシャフトになるので、軽いポンドでも使えるX10のような存在になると思います。

CXについて新しい記事を書きますので参考になるかと思います。

> Nanoについて、非常に興味が湧きました
>
> 36~38ポンド帯でx10を使用しているのですが、
>
> 38ほどから、ポンドを下げ続け、36中盤ほどまで下がってしまい、
>
> ポンドを上げるか、ACEに戻すか、議論中だったのですが
>
> 36~38なら今回のNanoはオススメでしょうか?

No title

わかりました、ありがとうございます。

CXの記事楽しみにしています。

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。