FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アークテックからクロスカーボンシリーズが入荷しました。

DSC01298.jpg


ドイツのアークテック(Arctec)社の新型ロッドが入荷しました。クロスチューブというロッドです。老舗メーカーではありませんが、アイデア商品のCPRシステムで一気に世界中に代理店を獲得し、急成長中のメーカーです。

DSC01311.jpg


前に書いたか忘れましたが、昨年の11月に画期的なダンパーを発表して、まずはそれをアッパーに搭載したものが発売されました。Nimesのブースでの新作発表はなかったのですが、担当者が今年の春には、同じダンパーを搭載したスタビライザーが発売されるといっており、今回6月に正式発表されました。

DSC01312c.jpg


まずは、昨年発売されたリムアッパーに搭載されたダンパーについて振り返ると、少し前…いや、結構前のTFCと呼ばれるダンパーなどで採用されていたネジの締め具合によって、ダンパーの硬さを調整するという機能を備えています。もちろん、あまりに締め込み過ぎるとゴムが壊れてしまうので、メーカー側でリミットを設けていますが、使用する弓との相性を見ながら、20%程度(個人的なフィーリング値)ダンパーを硬くしたり柔らかくしたりできます。

このダンパーが今回スタビライザーに搭載されたものが発売され入荷しました。

DSC01308.jpg


アークテックはコンパウンドの超高剛性ロッド(リカーブでの使用には適さないです)では実績のあるメーカーなので、同じ系統のロッドに、この新ダンパーを搭載したものが届くのかと思っていましたが、全く新規の開発されたロッドになっていました。

上の写真を見ていただければわかるとおり、かなり細いです。直径は16mmでリカーブで使用される上位モデルでは最も細いロッドだと思います(競技用ロッドと限定しないとドインカーの子供用ロッドのKID-Oスタビライザーの方が細いです)。

太いHMC22(22mm)に比べて、28%も細く、HMC+(20.5mm)比で22%、細く剛性があるロッドの代表であるCEX7(17.6mm)と比べても、10%も細い設定になっています。細くて高剛性というのは現状では開拓されていないジャンルかと思います。競合商品があまり思いつきません。


メーカーの説明では、高い剛性を維持しながらも、風からの影響を最小限にするために、このような設計にしたということです。

では、細いロッドで剛性をどのように高めているかというと、カーボンチューブが1層だけなのが一般的なのに対して、クロスチューブという名の通り、中でカーボンのチューブを3層にして、ロッドを構成しています。

ダンパーも3本のゴムなので、誤解のないようにお願いします。ロッド側の3層チューブ構造はロッドの中に小さいチューブ・中くらいのサイズのチューブ・大きいチューブと3層構造でロッドを構成します。昔2層チューブ構造(デュアルチューブ)のスタビライザーがありましたが、それを3層の高性能カーボンにした構成です。けっして、ダンパーの様にチューブのなかに3本の子チューブが入っているという構造ではないのでご注意ください。

DSC01309.jpg


ロッドの仕上げはアークテック共通の編まれたカーボンがそのままデザインとなります。わかるようすごく明るく加工しているので、実際はここまでくっきりとは出ていません。

DSC01300.jpg


こんなの作ってみましたが、今回入荷しているのは一部の商品のみです。センターでのテストは非常に良好でした。スタビライザー全体ではダンパー1つにウェイト2つが付属するので、260g程度になっていますが、ロッド単体では、148g(28インチ)と、細くとも中に3層のチューブが入っているため、軽いとは言えないものの、HMC+(120g)とHMC22(180g)との間くらいの重さに収まっています。

エクステンダーが1本も入荷していないので、ロッド全体のテストは入荷を待ってから行う予定です。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かなり好きな感じのデザインです!レビュー楽しみにしています。

Re: No title

ありがとうございます。

エクステンダーは明日届くので、間もなく書けるかと思います。


> かなり好きな感じのデザインです!レビュー楽しみにしています。

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。