FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOWTECH 新型モデル発表されることが発表



ボウテック(Bowtech)について、1月のフランスでの発表会で、「春にもう一本発表予定」と書きましたが、何度かの延期を得て、やっと、7月に正式に発表されることが発表されました。。。。

正式発表は7月となります。…ってか、リリーサーカッコいい★

また、本日、新しいスタッフの歓迎会のため、通販部門と大久保店は6時過ぎに終業します。ご理解ください。

コメントの投稿

非公開コメント

8190弦とFF+ではどちらの方がサイトが上がりますか?重さではFF+のほうが軽いですが、8190のほうは新素材とのことなので。。。

Re: タイトルなし

> 8190弦とFF+ではどちらの方がサイトが上がりますか?重さではFF+のほうが軽いですが、

まず、弦は直接手が触れ、シューティングのフィーリングからリリースの感覚までに影響を与える大事なものです。その選択を「サイトの間隔の狭さ」を重視して行うことはお勧めできません。

その上での回答ですが、「同じ太さ」という前提であれば、軽い方になりますが、8190の方が素材として強いので、現在販売しているものは適切な太さを重視して18本にしていますが、12本程度で作っても、トラブルが起こることはないです。10本程度でも弦としては大丈夫です(リムには負担になります)。

ワックス(色)によっても弦は重くなりますので、ノンワックスの8190弦の12本弦が一番サイトが上がるのではないでしょうか。

>8190のほうは新素材とのことなので。。。

8190の良さは細くて強いことです。つまり、同じ強度をより細い(少ない)素材で実現できます。しかし、前述したように、リカーブ弦としての適切な細さがあるので、どこの完成弦メーカーも、理論的に可能になったからと言って、矢速アップのために極端に細い弦を作ることはしていないです。



> 8190弦とFF+ではどちらの方がサイトが上がりますか?重さではFF+のほうが軽いですが、8190のほうは新素材とのことなので。。。

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。