FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいエントリー向けのスタビライザーの販売を開始しました。

DSC01269.jpg


以前に2800円でエントリー向けに販売していたカーテル(Cartel)のカーボンスタビライザーというロットがあり、なかなか好評でしたが、2013年からDCRスタビライザーとしてリニューアルし、価格も3,200円となりました。同時に低価格のカーテルのアルミカーボンスタビライザーもアップグレードしてマイナーチェンジして、3,800円となりました。

価格が高くなったことに加え、DCRスタビライザーではダンパーを取り外しての使用ができません。高ポンドでは問題ないと思いますが、低ポンド(16~22ポンド)ではダンパーは悪い方向に働く可能性もありますし、飛び出す感覚のトレーニングにマイナスに働くことも考えられますので、いろいろなメーカーの低価格のカーボンロッドを試してみた結果、SFのAXIOM+(プラス)スタビライザーの販売をすることにしました。

前世代のAXIOMスタビライザーと比べて大幅に品質が良くなっており、3,000円を切る価格で販売できるスタビライザーでは間違いなくもっとも性能が優れていると思います。

DSC01267.jpg

エントリー向けですので、ケースなどはなく、ビニールに入っているのはご理解ください。ダンパーとウェイト1つ付属しています。

カーボンロッドですので、ロッド自体は非常に軽量で、26インチは105g、28インチは111gです。ダンパーが33g、トップウェイトが40gで、28インチの場合はすべて装着して184gとなります。

中間ウェイトはWIN&WINのものと共通になります。

DSC01271.jpg


ウェイトを直接ロッドに装着するとこんな感じです。ただ、ロッド側のネジの仕様でダンパーなしで、トップウェイトを取り付けることはできても、中間ウェイトを取り付けることはできません。

リムが大変好評ですが…いくつかのポンドで在庫切れが続き申し訳ございません…AXIOM+(プラス)シリーズでは、現在サイトの販売に向けてテストしています。良ければ、AXIOM+サイトも6月中には販売を開始したいと思います。こちらも、カーテルのアルミサイトと同じくらいの価格帯の商品です。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。