FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIVICSのセーカータブのブラスタイプが届きました。

DSC01258.jpg


先週やっと価格がこちらにも届きまして、今週の入荷となりました。

300%」というステッカーが目につきますが…位置が…このタブはブラス(真ちゅう)を使用しているため、色ではサイズが確認できず、刻印されているサイズを目視する必要があるのですが、そのサイズ表示の真上にステッカーが貼られています。。。改善要求を出さねば…。

300%についてですが、詳細の数字を載せます。

セーカー1 ブラス 148g - セーカー1 アルミ 51g → 290%
セーカー2 ブラス 136g - セーカー1 アルミ 45g → 302%
セーカー3 ブラス 118g - セーカー1 アルミ 49g → 240%


となります。セーカー1と2では300%で間違いないですが、セーカー3では250%ほどです。

DSC01260.jpg


プレートにはブラス(鋳肌というらしい)特有な質感が出ています。アルミの様に直線的ではありません。

値段はセーカーのアルミタイプよりも高くなりますが、消耗品であるコードバンとバックスキンはセーカータブのアルミと共通なので、プレート代だけ一度払えば、維持していくコストはアルミと同じです。

各サイズ10個入荷しています。左の販売はまだ始まっていないようです。また、XSサイズの販売もまだ予定にないそうです。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なぜセーカー2と3で値段が違うのですか?

真鍮にすると、アルミと比べて何が良いのですか?

そもそもタブを重くするメリットってあるのでしょうか?


Re: タイトルなし

真ちゅうモデルの方が高いですが、アルミよりも上位モデルというわけではありません。

リリースするとき、重みがあるタブの方が安定し、リリースもスムーズです。

トップアーチャーで軽いタブを選択する人はいませんが、しかし、その"重み"がどれほどあればよいのかは、個人差があるように思います。Nタブほどの重さがし十分なのか、KSLのヘビープレートほどのものがよいのかは、一概には言えません。

今回のタブはあくまでも選択肢の一つとして登場したものです。重さは表示してありますので、テープなどでスタビのウェイトをタブに貼って試していただければ、どの程度の重さが自分に合うのかを知ることができます。まず、自分に合う重さをテストしてから、その重さのタブを購入することをおすすめします。

> 真鍮にすると、アルミと比べて何が良いのですか?
>
> そもそもタブを重くするメリットってあるのでしょうか?

Re: No title

販売価格が違うのは原価が違うためです。

原価の違いについては、セーカー3はセーカー2と比べてもサイズ展開が少ないので、製造工程の違いかなと推測しますが、原価をどのように決めているのかまではわかりません。


> なぜセーカー2と3で値段が違うのですか?

No title

なるほど、納得しました。
真鍮モデルも検討してみます。ありがとうございます。

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。