FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIVICSの練習用タブフレームが入荷しました。

DSC01252.jpg


本日、FIVICSから入荷があり、Co-Starバックパックなどが補充されています。

新しい商品としては、たぶフレームEPというものが入荷しました。もともと、セーカー1タブは握りこまないように設計されていますが、実用性を考えてのサイズになっています。

こちらの商品をセーカー1タブにつけることによって、ほぼ完全に握りこむことを修正でき、正しいアンカーを身につけることができます。

ただし、これを使用すると著しくタブが使いにくくなるので、基本的には練習用(制限時間がないとき)に使用することをお勧めします。もちろん、試合でも使用できますが、1射にかかる時間は5秒は長くなると思います。1分3射だったら結構アウトな数字です。


DSC01254.jpg

DSC01255.jpg

Sサイズ~Lサイズの3種類ですが、Mサイズだけ、Sサイズのセーカータブでも使用できます。取り付けと取り外しはかなり簡単です。この商品を使用して正しい取り掛、アンカーを習得した後は、取り外して試合に臨んだ方が良いと思います。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事と関係の無い事ですが質問です
右射ちなのですが矢が右にばかり飛びます。原因として考えられることはありますか?
よろしくお願いします。

No title

シュアロックのサイトについてです。コンテンダー550とクエストXの主な違いはどういったところでしょうか?

Re: No title

射形の問題も考えられらます。これは自分には確認できないので、周りに指導者がおり、射形に大きな問題がないといわれている前提で、道具に面について書きます。

矢が右に飛ぶ現象は3つあります。

1.矢がまっすぐ右に飛ぶ
2.矢が右に曲がって(カーブボールのように)飛ぶ
3.矢がレスト周りをクリアしていない

まず、どれであるかを確定させる必要があります。

一般的にはペーパーチューニングですが、方法として簡単なものは、短距離(30m)と長距離(70m)をうち比べ、どちらでも右の同じ場所に飛ぶのであれば、1です。距離によって、飛ぶ場所が違う(距離が変わるとサイトピンの左右の大幅な調整が必要になる)のであれば、2です。

1の場合は、アンカーの場所・弦サイトの場所、プランジャーの出し具合を調整することでまっすぐにすることができます。

2の場合は、スパインがあっていません。プランジャーのばねを硬くする、矢を短くする、矢を軽くする、ポンドを下げるなどが考えられます。それでもうまくいかない場合は、矢のスパインを硬くする必要があります。

1と2以外では、3のクリアランスがうまくいっていない可能性が高いです。矢の同じような場所に傷がないか確認し、羽を小さくする、ティラーの再調整(ティラー差が大きすぎる可能性があります)、ハイトの再調整、ノッキングポイントの場所の調整などが必要になります。

主な原因は上記の3つです。

それでも、修正されない場合は、再度より詳細な状況を教えていただければ、ほかの可能性も考えてみます。


> 記事と関係の無い事ですが質問です
> 右射ちなのですが矢が右にばかり飛びます。原因として考えられることはありますか?
> よろしくお願いします。

Re: No title

一番の違いはサイトボックスの調整固定機能です。最初のシュアロックであれば、より安い方のコンテンダーをおすすめします。

> シュアロックのサイトについてです。コンテンダー550とクエストXの主な違いはどういったところでしょうか?

No title

弦サイトは一般的にどこの辺りにあるものですか?

Re: No title

サイトピンのリング右側か左側に合わせる方が多いかと思います。


> 弦サイトは一般的にどこの辺りにあるものですか?

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。