スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年はイングランドに行きます

DSC00686.jpg


さっき、国際連盟からメールが。

自分は商談や取引先・メーカーへの挨拶がメインの目的のNimesトーナメントですが、隣の会場ではワールドカップ2013年の試合が行われています。

上の写真はコンパウンド店のバナーの素材に使おうかなと思って撮影したもの。レオ・ワイルド選手優勝です。

その国際試合ですが、2014年はNimesではなく、イングランドで行われるそうです。理由は、Nimesが2か月後のインドア世界選手権の会場となっているためです。

ということで、5年連続くらいで1月はフランスに行ってきましたが、来年はイングランドに行くことになりそうです。イングランドのメーカーとはあまり取引していないので(ヨーロッパのアーチェリー業界の中でもこの地域はちょっと特殊…アーチェリー発祥の地だけあり独特な慣行の経済圏をなしています)、新しいメーカーを発掘してきたいと思います。まぁ…2014年の話ですが。。

テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。