FC2ブログ

ホイット 2014のコンパウンド商品の予告を正式発表

cspi.jpg


今週末に発表されるホイット(HOYT)の2014年のラインナップについて。一部ブログではすでに出回っていますが、ホイットアーチェリーが公式サイトに噂の新型のカーボンボウの広告を掲載しました。

39bb141c32af11e386e122000a9e080f_8.jpg


2013spi.jpg


上が2014年のラインナップ、下が2013年の現行ラインのスパイダー・シリーズの広告。このロゴがカーボンチェックになっているということは…そう、カーボン・スパイダーというモデルがが登場します。

ただし…2010年ごろだったと記憶していますが、ホイットが新商品としてカーボンマトリックスを発表しました。ホイット2004年にマトリックスというリカーブのアルミハンドルを作っていたので、カーボンハンドルをついにと思っていたら、コンパウンドのハンドルだった「事件」がありました。

今回のカーボンスパイダーは、ほぼ間違いなく(アルミ)スパイダーの後続モデルとしてのコンパウンドボウだと思いますが…。

いろいろと軽量コンパウンドボウがある中、競技用モデルでは、2013年7月に発表された3.2ポンド(1,450g)のボウテックのカーボンナイトが最軽量で、2013年のホイットの最軽量モデルよりも、13%軽くなっています。

今回のカーボンスパイダーというモデルは、この軽量モデルというキャッチを再度獲得するための戦略的なモデルだと予想しています。

詳細のスペックの発表今週の後半です。
スポンサーサイト



テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク