FC2ブログ

FIVICS バランスキーパーテストが入荷

DSC00889.jpg


今年の新製品の中で一番の謎の製品でしたが、本日入荷しテストしました。FIVICSのバラン・スキーパー。スタンス・コントローラーという触れ込みで、これを使用することでスタンスのバランスがよくなり、シューティングが安定するようです。

シダスジャパン株式会社
http://sidas.co.jp/


調べてみると、同じようなコンセプトの商品はいろいろとあるようです。実際、使ってみましたが、合うかどうかは人それぞれですね。全員に効果がある商品ではありません。


DSC00891_20130131201216.jpg

横から見るとこんな形状です。もっとも効果を発揮するのは後継気味の人です。商品のコンセプトはバランスを整えるですが、テストした感じでは、正しくバランス・スタンスが取れていれば、この商品を使うとかかとの部分が少し"ふわふわ"している状態になります。不安定ではありませんが、通常のインソールのホールド感はあまりなくなります。

そのために、シューティング中に後傾気味になり、重心が正しい位置からかかと側にずれていくと、重心がかかとにかかってしまっている状態であることが足の裏を通して伝わってきます。そのために、常に足の重心を意識することになります。

この商品を使用することでインソールの形状が変わるために、それによってバランスが改善するというメリットもあると思いますが、何よりも、足の裏を通して、自分の重心が正しい位置にあるのかがわかるというのが、一番のアーチェリーにおいてのメリットだと思います。ただ、練習ではいいと思いますが、試合で使用したら、そこばかりに意識が行くので、良い結果が出るかは微妙なところだと思います。あくまでの練習時のバランス矯正用がいいのではないでしょうか。

逆に、あまり見かけませんが、重心がつま先に側に突っ込んでしまっている人は、さらに重心の位置が悪くなる可能性があるので、使わない方がいいでしょう。重心の位置がシューティング中一定しているか知りたい人、または、後傾気味になってしまっているのを矯正したい人にお勧めの商品です。

4店舗には明日発送しますので、週末には各店舗で実物を試していただくことができます。試していただいて、良かったら購入するのがいいかなと思います。こういう商品は合う・合わないというのが結構あるので…通販では難しいですね。一応アップはしておきますが、販路は店舗を中心に考えています。

DSC00890.jpg


裏側がシール(赤い部分)になっており、この部分をはがしてシューズに貼り付けて固定します。

t_sh_20130131201031.jpg


取り付け場所は中敷き(インソール)の裏になりますが、シューズによっては、インソールが取り外せないものもあります。その場合には使用できないので、必ず購入前に使用予定のシューズのインソールが取り外せるか確認してください。

DSC00893.jpg


シューズに入れるとこんな感じ。このシューズは27.5cmです。サイズ24くらいまでは問題なく使用できますが、それ以下だと入らないものが出てくるかもしれません。バランス・キーパーはワンサイズのみです。

ぜひ、週末に近くの店舗でお試しください!!
スポンサーサイト



テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク