FC2ブログ

トップアーチャーの弓の選び方と販売店の役割

ラリー・ワイズの本がそろそろ完成します。午後から、最終稿の体裁を整えています…疲れたので…ちょっと子ネタ。


あくまでも業者側の見方として書きます。自分自身トップアーチャーではないし、誰かトップの方から聞いて書いているわけではないです。あくまでも、業界内にいて感じることを少し。

トップアーチャーがどのように弓を選択しているか。答えから言えば、戦っているメーカーのうち、好きなものを使っているのです。

これについては、いろいろと誤解があります。一番ひどいのはトップはメーカーから金をもらって、その弓を使っているということでしょうか。自分が知る限りそのようなことはありませんし、そんな甘い世界でもありません。使うだけでお金がもらえたら苦労はしないでしょう。

お金の流れで言えば、

× メーカーが選手にお金を払う → 選手が弓を使う
● メーカーが無料で多くの選手に弓を配布(HOYTの場合は年2-3ペア) → 何人かが気に入る → 使って結果を残す → 広告に選手を使用してお金を払う

です。確かに選手にお金を渡すメーカーはありますが、結果を残して初めてお金が出るのであって、使うだけでお金をもらえるというのは、昔の世界大会を何連覇もし、出れば確実に勝てる選手がいた時代ならともかく、トップが次々と入れ替わる今にはないことです。

世界大会に出ているようなトップアーチャーは、現状では、HOYTかWIN&WINかで80%程度しめていると思います。

では、優れたメーカーは2つしかないのか。それとも、この2つのメーカーがお金をばらまいているから、みんな使っているのか。

仕入れと新規メーカーの発掘をしているので、個人的には優れたメーカーはたくさんあると思いますが、世界で戦えるメーカーはすくないのです。なかなか、戦いの舞台に上がることすら難しいのです。

カーレースでいえば、F1の為に最高のタイヤを作ると言っているに、F1の試合に視察すら来ないで、家でフジテレビのF1の試合の中継を見ながら「俺の作った最高のF1用タイヤ使えばもっと勝てるのに」と思っている人間(メーカー)をアーチャーがどれだけ信用できるでしょうか。

今年の全日本選手権にも大手メーカーの方が来ていましたが、アーチェリーの世界でいえば、世界大会に顔を出さない(出せない)ようなメーカーは、そもそも選手から信用されません。ワールドカップも加わったいま、すべての世界大会に顔を出すだけでも、年間に100万円どころじゃないお金がかかります。それが出来るアーチェリーメーカーは多くありません。。

*今年の世界選手権には25程度のメーカーがブースを出していました。

トップアーチャーにとってみれば、世界の片隅で"最高の競技用弓具"を作っているというなら、まずは"最高の競技大会"に顔出せよと言う話で、あながちその考えは間違っていないと思います。スペックで語れる部分もありますが、そこから先は選手との対話ですり合わせて行くしかない部分があります。最高の世界大会につど接して、生の声を聞かずして、Youtubeで世界選手権見ながら、データだけで最高の弓具作っているって…という声はそこまで間違っていないと思います。

世界選手権に視察もいかないようなメーカーは、最初から競争を降りていると思われています。。。。




しかし、逆に考えれば、テクミチョフさん風に言うとパッション!!がなくて行かないメーカーもあれば、本当に行きたいがキャッシュがなくて行けないというメーカーもあります。

世界で戦おうというパッションはあっても、世界で戦うためのキャッシュがないメーカーのために、選手とメーカーの間をつなぐ代理店・販売店として、何か出来たらいいなと思っています。

今年の全日本選手権コンパウンドは、独自の技術を持つものの、世界中にディーラー網を築く力がない(←自分の評価ではなくメーカー担当者談)Bowtechが優勝しました。もちろん、たゆまぬ選手の努力のたまものですが、数少ないBowtechの販売店として気が引き締まる思いです。


ん、なんかまとまってない気もしますが、仕事に戻ります。
スポンサーサイト



テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク