FC2ブログ

GOLD シリーズのファイバーサイトピン

110429_185246.jpg



GOLDシリーズの1つ、ファイバーサイトピンです。サイトピンも弦同様に、自分に合う物に出会うまで色々と試していくしかない世界だと思っていますが、Titanのファイバーサイトピンはサイトピンがあまり明るくありません。(←明る過ぎない方がエイミングしやすいという方にはこちらがお勧めです)

そこで、SHIBUYAのサイトピンでは、ファイバーを長くしています。一般的に、ファイバーが長いほど、末端のピンは明るくなります。しかし、これはこれで、ファイバーを直接挟んで固定するために、ファイバーに耐久性を持たせる必要があり、直径を太くする必要があります。ピンとしては出来るだけ細いものが良いと思いますが、SHIBUYAのピンでは、0.04になってしまっています。Titanでは0.02のものも製造していますが、耐久性に問題があり、(ショップとしてはファイバーがパキパキ折れて交換用のものが売れたほうがいいのかもしれないが…)、私たちでは輸入しての販売はしていません。0.03が限界だと判断し、0.03のものを販売しています。


110429_185455.jpg


今回、AAEから出たサイトピンですが、市場で出回っているサイトピンの中では、最も細い0.019のファイバーを採用しています。かつ、SHIBUYAと同じ長いファイバーを付けているので、明るさも十分です。ファイバーは3色(赤/青/緑)付属しています。

耐久性の問題は別途、ファイバーにチューブをかぶせることで解決しています。ファイバーを固定する部分もSHIBUYAのようにファイバーを金属ではさむのではなく、ゴムのチューブを挟むことで、0.019のファイバーに耐久性を持たせています。入荷したばかりなので、長期使用した時の耐久性は分かりませんが、チューブでファイバーの90%以上を保護し、かつ、ゴムを通してファイバーを固定しているのであれば、耐久性に問題は無いと思います。

110429_185403.jpg


来週くらいには、交換用のファイバーも入荷する予定です。個人的には、青のサイトピン(ドット)は初めて見ました。ちょっと、試してみたいです。

Saker3タブのMサイズが日本に到着しましたが、長期休みで、EMSの通関(ここの税関は平日しか仕事していません)に時間がかかりそうです。それと、来週にはついに、FUSEのCarbon Bladeの1-2ウェイト用ネジが入荷します。。。
スポンサーサイト



テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク