FC2ブログ

雑誌アーチェリーへの広告再開へ

以前にこんな記事も書きましたが、来月から雑誌アーチェリーへの広告を再開します。

いつから雑誌アーチェリーは沈黙したのか(70号~91号)
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-498.html


2008年には1年契約で雑誌アーチェリーへの広告を出していたのですが、既存のお客様へのサービス向上に注力するために新規のお客様への営業を控えようということで、契約は更新せずに広告はずっと出していませんでした。

来月号から広告再開をしますが、目的は新規のお客様の獲得ではありません。現在の雑誌アーチェリーにのっている技術論の話の質はお客様の判断に任せるとして、道具の情報はほぼ広告の美辞麗句だけです。といって、外から文句を言っていても、状況は全く変わりませんし、お客様とのコメント欄でのやり取りからして、雑誌アーチェリーが商品の正直なレビューを書かなくなったのは広告主からの抗議のためだそうです(未確認情報ですが…8月中に図書館で確認してきます)。

来月号(8/20発売)のツールニュース(新商品の紹介)で、まずはちょっとだけ正直なレビューを入れてみました。ツールニュースといえば、「大好評の」「世界で愛されている」などのほめ言葉しか見かけないコーナーですが、原稿でそこに「××はこういう方にはお勧めですが、●●のため、こういうお客様にはお勧めできない商品です」という表現を入れてみました。

雑誌アーチェリーの担当者からは今のところ訂正してほしいという連絡は来ていませし、このまま来月号に載ると思いますが、それを見た大手広告主から、抗議が入るのか。編集部の文責ではなく、自分が責任を持って書いているので、編集部に抗議を入れるのは筋が違うと思いますが、最大手の影響力(と広告費)はハンパないですから、ツールニュースは広告欄ですから、ほめ言葉だけになしてくださいと言われるかもしれませんね。

いずれにしても、やはり、アーチェリー雑誌が広告ばかりで、正直なレビューが無いのはおかしいと思いますし、ステークホルダーにならずに外野から文句を言っていても、状況は何も変わらないと思いますので、次回号から広告主として広告を再開し、少しずつ当店の意見を入れた美辞麗句だけではないツールニュースを書いていこうと思います。手始めの来月号では正直なレビューはたったの1行だけですけど…。

外野からいくら正論を言ったところで何も変わりませんので、内側から少し妥協しながらも変えていけたらと思います。
スポンサーサイト



テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク