FC2ブログ

一部の価格を見直しました。

明日からゴールデンウィークですね。本日の発送はすでに終了していますが、できる限りの注文は出しました。少し残ってしまいました、申し訳ございません。

一つキャリアでトラブルがあり、本日届く予定の荷物が明日にずれ込みましたので、明日も自分は出社します…。それと、5月の3日と5日に自分と2名程度スタッフが出社し、注文の発送を行う予定です。

また、題名の通り、大きな価格の変更はありませんが(最大で420円の値下げ)、ここ最近新しいネット販売のアーチェリーショップが増えています。それぞれの代理店の系列を見ると、すこし大きな動きがあるのかなとも思いますが…。

いろいろと思うことはあります*。ともかく、安さを武器に参入してくるところが多いです。当店がベンチマークになっているようで、当店の価格よりも、80~100円程度安い価格を付ける傾向にあります。

当店はメーカーと直接の取引などの流通側(仕入れ側)の"改革"をしてコストを下げて参入しました。新興のネットショップの価格構造は分かりませんが、人件費を削って安くしているのかなと予想しています。

持続的な価格として、今までの当店の販売価格には自信を持っていますが、お客様からの信頼(とくに価格面での)を裏切らないためにも、当店での価格を見直し、新興のネットショップを含め、通販では全商品国内最安値になるよう価格を見直しました

お客様から頂くメールの中では、「今まで他店と価格を比べながら買い物していたが、あちぇ屋さんは全商品が良心的な価格なので、いまでは他店の価格を調べずに信頼して、あちぇ屋で買い物しています」といったものもありました。そういったお客様の期待を裏切らないためにも、1品でも他店より高い価格のものが無いよう調整していきます。日々の業務がありますので、毎日他店をチェックする時間はありませんが…できるだけ迅速に反映させていきます。

また、構造的に(仕入れの問題で…私の努力不足で…)他店より安くできない商品は、赤字で販売してしまっては業界全体に迷惑をかけますので、販売を終了する方向で考えています。これからもお客様からの信頼にお応えできるようにがんばります。よろしくお願い致します。

556_1_00.jpg


あ、これ入りました~。



*あちぇ屋も2007年の最初は全然しっかりとしてはいませんでしたが、カタログは創業以来自分たちで作っています。あちぇ屋のネットショップにアップされている商品の写真の99%以上は自分たちで、納品された商品を撮ったものです。販売する前にまずは一度は商品を仕入れ、責任を持って商品の実物を念入りにチェックし、メーカーカタログや販促用の写真ではなく、実際に納品される量産品の写真をショップで使用しています。撮影に使っているデジカメの通し番号は4,000を超えました。

一方で、メーカーや代理店が作った販促用のカタログをそのまま使い、ネットショップでもカタログの写真をスキャンしたりして、流用しているところもあります。それらの業者の多くは販売しようとしている商品の実物を一度も見たことが無く、お客様から注文が入ってから、初めて発注する商売をしています。商品テストも何も、実物を見たことも触ったことすらないままの商売です。歴史があって品質が安定しているスピンウィングならともかく、それで新商品を売ろうとするわけですから…そういうショップには負けたくないですね。

**100%ではないのは、当店では白のスクリーンを使用して撮影を行っている関係で、白い商品がきれいに撮影できません。まぁ、自分の撮影のスキルが低いからだと思いますが、どうしてもきれいに撮れない商品はメーカー提供のものなどを使用しています。
スポンサーサイト



テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク