FC2ブログ

Fivicsの新しいプランジャーについて

Fivicsから新しいプランジャーが入荷しました。2010年の商品からは商品のロゴがFivicsに統一されてきましたので、当店でも名前を少しずつSOMAからFivicsに切り替えようと思っています。

P1030428.jpg


展示ブースでは何度も見たのですが、当店に到着したので、いろいろと比較してみました。今回のFivicsのプランジャーの目標は全く新しいチップの開発(こちらは使ってみないと評価できないので…未評価です)とスリムなボディ。どちらかというとボディの開発に時間がかかって、発売が2010年になってしまったようで。

datasheet.jpg


サイズ的にはバイターの物よりも少し(20%程度)長いのですが、チューニング機構とばねの強さを表示するインジゲーターを全て小さなボディの中に収納したのはなかなかだと思います。チューニングの幅を広げる為に、チップ2種とばね2種が付属しています。ただ、自社のラインナップを広げるためにプランジャー作ってみた程度の商品ではないことは確かです。

実績こそバイターに遠く及ばないものの、商品としてはいいものに仕上がったと思います。販売していて、バイターは現在のところ30個以上販売して無故障、WINのプランジャーは20個程度販売して、1つ故障しています(折れた…)。FivicsのSM740の故障率もこれらと同等であれば、かなり嬉しいですが。

P1030425.jpg


それと、いもネジ(小さいねじ)が2つ余分に入っているのはかなり良い心遣いです。経験上、クリーニング中になくす方がかなり多いので。後は、スパナ(青いやつ)にレンチを収納できるようになっています。かなり便利だと思いますが、それでも無くす時は無くすでしょうね…。
スポンサーサイト



テーマ : アーチェリー
ジャンル : スポーツ

*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク