FC2ブログ

スピンウィング:回転数=色ですよ。



先日、ある選手と話していて少しびっくりしたので書きます。北京オリンピックでもほぼすべての選手がスピンウィングを使用していました。その圧倒的な優位性をもたらしている色によるチューニングが一部の方には伝わっていないようです。せっかくスピンを使っているのに知らないのはもったいないですよ。


スピンウィングはマイクロチューニングのために色ごとに反り具合を違くしてあります。

(回転数 - 少)
・白/黒
・黄
・青
・赤
(回転数 - 多)


スピンウィングのメーカー(R.O.M.)いわく、4種類の反り具合の中で自分にとってベストの回転をもたらす色を見つけてくださいとのこと。

アーチェリーショップの店舗を利用している方は矢を注文するときに教えてもらえるとおもいますが、一部の通販ショップを中心に利用している方にはあまり知られていないようですので。スピンウィングの代理店として周知しておきます。

まぁ、裏に書いてあるんですけどね…

7.Use only one color on arrows. Experiment with the different color drags to see which drag works best for you.


カーリーやKスピンには色によるマイクロチューニングはありません。これがトップ選手が使う道具と一般向けの道具の差だとおもいます。わずかな差ですが。



あ、プロフの写真ですが、神社でバイトした時のものです。
スポンサーサイト



*注

Google検索などで過去の記事がヒットする場合がありますが、古い日付の記事に関しては情報がすでに正しくない場合がありますのでご注意下さい。例えば、ハンドルなどでマイナーチェンジがあった場合、新しい記事で告知はいたしますが、過去の日付の記事までさかのぼっての情報の修正は行っておりません。一般的に6ヶ月以上前の記事を読まれる場合はご注意ください。

過去の記事のうち、保存する価値のあるものは下記のサイトに転載しています。
アクセス数
検索フォーム
アーチェリー動画分析
kino.jpg アーチェリーの動画解析・フォーム分析には、フリーソフトのKINOVEAをお勧めします。解説記事はこちらです。
アーチェリーの歴史を知る一冊
モダンアーチェリーの射型の基礎を作り上げた19世紀最強のアーチャー、ホレース・フォード(Horace Ford)の著書「アーチェリーの理論と実践」を無料にて配布しております。モダンアーチェリーの歴史を学ぶのに最適な一冊です。

ダウンロード(PDF 2.7MB 180ページ) 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク